<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif From Hell icon1.gif icon2.gif icon1.gif

フロム・ヘルFrom Hell(2001/米=チェコ)
監督 アルバート・ヒューズ 、アレン・ヒューズ

キャスト
ジョニー・デップ 、ヘザー・グラハム、イアン・ホルム 、ジェイソン・フレミング、ロビー・コルトレーン

伝説的な物語として伝えられる連続殺人鬼「切り裂きジャック」をモチーフとしたサスペンススリラー。

1888年のロンドンで、内臓をえぐり取られるなど残酷な手口で娼婦が次々に殺される。敏腕ながら、過去の辛い経験から逃れるべくアヘンに溺れるアバ−ライン警部(ジョニー・デップ)は、アヘンの幻覚の中でこの殺人事件を目撃し、部下のゴットレイ巡査部長(ロビー・コルトレーン)とともに事件解決に挑む。
ジョニー・デップは、「スリーピーホロウ」のイカボット捜査官を思い出させる風貌だったが、キャラ的にはナイーブで少々こっけいなイカボットとは全く違い、影のある警部役を渋く演じていた。
アバ−ラインが捜査協力を求め、次第に心惹かれていく娼婦役に「ロスト・イン・スペース」「オースティンパワーズデラックス」のヘザー・グラハム、部下のゴットレイに「ハリーポッター」シリーズでハグリッドを演じるロビー・コルトレーン、皇室の侍医に「ロード・オブ・ザ・リング」ビルボ役のイアン・ホルムなどなど、キャストも豪華。伝説的猟奇殺人の切り裂きジャックがベースなので、残虐なシーンが連続しこの手の映画が苦手な人にはおすすめできない。(それゆえにRー15指定)全体的に暗いシーンが続き、ストーリー的にも重々しい中、唯一アバ−ラインとゴットレイコンビのやり取りが軽妙に描かれていて面白い。
ジョニー・デップは個人的に好きな俳優で、「シザ−・ハンズ」「ギルバート・グレイプ」「デッドマン」「フェイク」「ラスベガスをやっつけろ」「スリーピー・ホロウ」「ノイズ」「ブロウ」などの主演作を見ているが、「スリーピー・ホロウ」やこの「フロム・ヘル」のような中世の衣装をまとったインテリ役が一番似合っていると思う。ジョニー・デップがかっこいい、というだけで、おすすめ度★★★★。


おすすめ度/★★★★☆



23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif



23:47 | - | - |









http://five.jugem.cc/trackback/41
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ