<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif LOVERS(2004/中国) icon1.gif icon2.gif icon1.gif

LOVERS監督/チャン・イーモウ
出演/金城 武、チャン・ツィー、アンディ・ラウ

西暦859年の中国。朝廷は反乱軍の「飛刀門」撲滅作戦を画策。朝廷側の補吏である金(金城)と劉(アンディ・ラウ)の2人は、反乱軍の頭目の娘と噂される盲目の女性小妹(チャン・ツィー)を捕らえる。「朝廷に差し出して懸賞金をもらおう」と提案する金に対し、「この娘を救出する振りをしてアジトを突き止めよう」という劉。かくして、金は小妹とともに偽の逃避行を始めるのだが、この美しい娘に次第に思いを寄せるようになってしまう…。

チャン・イーモウと言えば、「初恋のきた道」でチャン・ツィーをブレイクさせたあの監督。あの時純粋な初恋に胸踊らせる初々しい少女だったチャン・ツィーもすっかり大人になり、女優としても成長して今やアジア一の実力派となった。今回この映画でも前面に出されているのは、そのチャン・ツィーの艶やかさ。「グリーン・デスティニー」のとき、「HERO」の時、彼女はこんな優雅で艶やかだっただろうか?と思う程、うっとりするような美しさだった。遊廓での美しい舞は一見の価値アリの素晴らしさ。また、盲目の剣士、という役柄上、全編に渡り何度も敵と剣を交えるシーンが出てくるが、以前よりもぐっとキレのある動きをしているように思う。
ただし、某シャンプーの宣伝のチャン・ツィーは嫌いである(笑)。

さて、チャン・ツィーの美しさの影に隠れてしまった感がある主演の男優金城武とアンディ・ラウだが、個人的に金城は好きな俳優である。
基本的に邦画はあまり見ない私も、「リターナー」は映画館に見に行ってしまった(笑)。予告編を見た段階では、間違いなく金城は準主役的位置づけだと思っていたが、実際は全編ほぼ出ずっぱりの正真正銘「主役」。そしてやっぱり、彼は文句なくカッコ良かった(笑)。
アンディ・ラウに関しては、言わずと知れた実力派俳優。こちらも文句なしの名演だった。

「グリーン・ディスティニー」「HERO」「LOVERS」など、中国映画に共通するのは原色の美しい映像だ。今回のLOVERSでは、遊廓での鮮やかなピンク色の小妹の衣装、青々とした竹林、紅葉した赤い森、真っ白な雪原など、印象に残る映像が随所に見られた。
ただし、私の中でどうしても納得のいかない点が一つ。中国映画に共通する、「妙なワイヤーアクション」。技術うんぬんの問題ではなく、空中や水の上を走ったり竹の先端に立ったりするあれが、どうしても受け入れられない。
「んな訳ないやん!!」とどうしてもツッコミをいれたくなってしまう(^_^;)
うちのパパ曰く「あれは中国の伝統だからしょうがない」んだとか…。
でも、ものすご〜くシリアスな場面でもあれが出るとどうしても笑っちゃって台なしな私なのだ(^_^;)

ストーリーは、まぁひねってあるとは思うけど古典的と言えば古典的。ただし、全編に渡りほとんど金城とチャン・ツィーしか出て来ないのに、2人の駆け引きが面白く飽きることはない。正に「悲しくも美しいラブストーリー」という言葉にぴったりの映画である。



10:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
icon1.gif icon2.gif icon1.gif スポンサーサイト icon1.gif icon2.gif icon1.gif



10:33 | - | - |









http://five.jugem.cc/trackback/256
icon1.gif icon2.gif icon1.gif 「LOVERS」再び DVDにて icon1.gif icon2.gif icon1.gif
Amazonに予約しておいたDVD『LOVERS プレミアムBOX』(+猟奇的な彼女 ディレクターズカット版)が無事届きました。 早速特典DISKから先に見て、その後本編を観ました。 衰退期を迎えた唐の時代、朝廷の力が弱まる中、反政府組織『飛刀門』が勢力を伸ばしていた。朝廷
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2005/02/06 6:16 PM |
flickr
1 2
3 4
5 6
7 8
9 10
GIANT KILLING(19) (モーニング KC)
GIANT KILLING(19) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
サッカー好きなら読むべし
よつばと! 10 (電撃コミックス)
よつばと! 10 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
今ハマってる癒し系マンガ